急な飛び石によるカーリペアのことなら②

前回の記事にて、飛び石によるフロントガラスダメージ被害を受けた直後の対応方法おをご紹介させていただきました。

今回は、その続きとなります。ぜひお読みいただければと思います。

飛び石を受けたら、ひとまず安全地帯に停車することを前記事で説明しました。

その際、傷が軽微・微小である際はそのまま運転をしていただいて構いません。

ただし十分にお気をつけいただきたいのはフロントガラスの傷は、その特性上、

時間の経過と共に徐々に大きくなる傾向があります。傷を放置している間に、ゴミや油分・水分が付着することで、

リペアの際に修理代金が高くなったり、場合によっては修理しきれない場合がございます。

そのような事態を避けるために、市販の応急処置シールを購入し、傷部分に貼り付けることがオススメされます。

初動を誤らない、その後の手間を軽減させるためにも、ぜひ応急処置シール、人間でいう絆創膏を貼りましょう。

また傷のサイズが修理可能かどうかの目安になるようです。

具体的には一円玉サイズの飛び石傷でギリギリ修理できるかどうか、100円玉サイズになると、

修理が難しいといったラインがあるようです。千葉県習志野市のカーリペアならTotal Repair ZEROへぜひ、お願いします。

 

お問い合わせは、こちらよりお受けいたします。