ウィルス・悪臭にサヨナラ!車内空間の「快適化作戦」

ドライブシーズンに向けて、ドライブを快適に過ごすためには
新型コロナウィルスをはじめ、空気清浄や消臭などにも気を配りたいところですね。

近頃は、ほとんどのクルマに「エアコンフィルター」が標準装備されています。
これは、エアコンが外気を取り入れるときや、内気が循環する際に
空気が通過する部分に装着されているもので
ホコリやチリなどの細かいゴミをせき止める役割を持っています。

純製品と交換ができるエアコンフィルターは
多くの市販メーカーからも、さまざまな製品リリースがあり
独自の構造や素材で、カビの胞子や花粉、排気ガスなどの侵入を防いでいます。

また、嫌なニオイの成分を吸着するものもあります。
アンモニア、アセトアルデヒド、酢酸などのタバコ臭や
排ガス臭、カビ臭をも取り除いてくれます。


ただし、フィルターには寿命があります。
使っていくうちに、だんだんと経年劣化し
本来の性能を発揮させるには、1万5000キロメートル程度の走行毎に
または、1年程度で交換するのが目安となっています。


千葉県習志野市にある「Total repair ZERO」では
内装やホイールの補修をはじめとして
ヘッドライト磨きや消臭・殺菌対応のルームクリーニングなど
クルマに関する幅広いサービスを展開しております。

どうぞお気軽にご相談ください!
お問い合わせはこちらから