ボディコーティングとはどういうもの?

車をキレイにする方法として行われるボディコーティングは、車の外装全体をフッ素系ポリマーやガラスコーティングなどを使用して行われるもので、小さなキズ程度なら、キズを目立たせることなくキレイに処理することができ、なおかつボディをピカピカにすることができるものです。

Total Repair ZEROで行うボディコーティングにはいくつか種類がありますが、メインで行っているのはマニキュアコートと呼ばれるもので、フッ素ポリマーコーティングとも呼ばれています。

このマニキュアコート(フッ素ポリマーコーティング)は、1年間ワックスのお手入れを行う必要がないという保証つきのもので、キレイな車の状態を長期にわたり維持することができる画期的なものです。

フッ素樹脂に極性の力を加えることで、紫外線や花粉、ホコリ、酸化などから車を保護する役割を果たしていきます。ボディコーティングを行うと、車自体のツヤを取り戻すことができるようになるので、くすんでしまった車の外装をピカピカにすることもできるのでおすすめです。

Total Repair ZEROで行うマニキュアコート(フッ素ポリマーコーティング)は、布を使用した洗車機の利用が可能で、雨をはじく効果もあるので、水漏れなどの心配もなくなるで安心。車のサイズによって料金は違うものの、頻繁なワックスがけを行う必要がないという部分だけを見ても大きなメリットのある施工なので、ぜひ利用してみてくださいね。

 

お問い合わせはこちらから